1. HOME
  2. アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎

当院の痒みを抑える鍼灸治療

もうアトピーを気にせず、やりたいことをやろう

ノルン鍼灸院ではお悩みの一つ一つ確認しながら

お客様と一緒に施術に取り組んでおります。

 
アトピー性皮膚炎とは

まず、アトピーという名称の由来は、「特定されていない」「奇妙な」という意味のギリシャ語の「アトポス」であり、1923年に命名された。

そして1933年に皮膚炎と結びつけて

〖<strong>アトピー性皮膚炎〗</strong>という言葉が用語として登場しました。

 

主な〖お悩み〗

主な〖お悩み〗としては〖かゆみ〗と〖湿疹〗。

良くなったり悪くなったりを繰り返し、変化しにくいことが特徴です。

一般的に6カ月以上・乳幼児は2カ月以上続くと慢性となります。

基本的な対策法

➀原因・悪化因子の特定と対策

➁スキンケア(皮膚バリア機能の補正)

➂肌への療法

皮膚を清潔に保ち、保湿・保護がとても重要になります。

そして水道水の塩素によりアトピー性皮膚炎やアレルギーを引き起こす場合もありますので注意が必要です。

 

アトピー性皮膚炎の原因

➀食物

食物での関与は様々との報告はあるが、特に乳幼児期においての関与が強いです。

➁汗

汗腺の機能が低下しているため、通常分泌されないミネラル等が分泌され刺激となり痒みが増します。

➂物理(機械)的刺激

皮膚を掻くことにより、炎症に関与する複数の物質が放出され炎症がひどくなります。

➃環境因子

ダニ、花粉アレルゲン、ホルムアルデヒド、トルエンなどが悪化因子になると知られています。

➄細菌・真菌

黄色ブドウ球菌は悪化因子としてよく知られている。感染症状があれば抗菌療法も行うが、スキンケアにおけるポビドンヨード液などの消毒はアトピー性皮膚炎の有効性に関して評価は一定してないため、使用には注意が必要です

➅接触物質

洗剤、石鹸、シャンプー、リンスなど日常の生活環境の中で

原因となる物質は多く存在します。

そして痒みなどにもちいる塗りくすりも原因となることがあるため注意が必要です。

➆ストレス

精神的ストレスがアトピーを悪化させることはよく知られていますがまだまだ不明な点は多いです。

ですが、皮膚の炎症部位には知覚神経線維が増加し精神的ストレスによってその線維の末端から放出させる神経ペプチドなどが炎症を悪化させると考えられています。

要するにアトピー性皮膚炎は体内の毒素がたまり排泄機能が低下してしまうことで

引き起こされてしまうのです

根本的な改善をするためには

➀から➆の原因物質を出来る限り排除し毒素をためない・排泄機能を高める事が重要になってきます。

 

なぜノルン鍼灸院でアトピー性皮膚炎専用のアプローチができるのか

➀毒素・排泄機能の改善

人体で毒素を出すのは肝臓が、排泄は腎臓が行います。

この二つの臓器の機能が低下しているためにアトピー性皮膚炎が悪化すると考え鍼とお灸で肝臓と腎臓へアプローチします。

 

②瘀血ケアで痒みを軽減

東洋医学においてアトピー性皮膚炎は瘀血(オケツ)が原因との考え方があります。

 

東洋医学においてアトピー性皮膚炎は瘀血(オケツ)が原因との考え方があります。瘀血とは血液の流れが悪い状態の事です。瘀血を流すことにより、体内が循環されアトピー性皮膚炎で一番つらい痒みが落ち着くことが多く一番最初に行います。

➂栄養士による栄養相談

そしてノルン鍼灸院には常勤の栄養士がいますので、痒みの原因となる

砂糖小麦粉の相談・肝臓や腎臓の毒素へのアプローチ・機能を高める栄養相談を行い、さまざまな角度からアプローチが可能なのです。

 

アトピー性皮膚炎 鍼灸メニュー

アトピー性皮膚炎の痒みを抑える鍼灸 1回 60分 70,000円

アトピー性皮膚炎のための美容鍼

1回 60分 70,000円

アトピー性皮膚炎 栄養相談メニュー

1回 30分

1カ月コース(4回)  19,800円(4,000以上お得)

3カ月コース(12回) 64,800円(7,000以上お得)

コースの特典

➀これから行う食事内容の資料と1週間分の献立プレゼント

➁困ったときにいつでもLINEで相談

コースの場合、定期的(週1回)の栄養相談を行うことでお客様の食事内容などがより把握できます。

そのため、的確なアドバイスが出来るので改善しやすくなります。

プラン名
アトピー性皮膚炎